• ホーム
  • ゾビラックスで口唇ヘルペスもすぐに治せる!入手方法も紹介します

ゾビラックスで口唇ヘルペスもすぐに治せる!入手方法も紹介します

2019年11月17日
考える男性

口唇ヘルペスを治療する際には、基本的にアシクロビルと呼ばれる成分を使用します。アシクロビルを主成分とする口唇ヘルペス治療薬の1つにゾビラックスがあり、ゾビラックスは軟膏タイプやクリームタイプがある塗り薬です。基本的に医療用なので処方箋が入手の一般経路になりますが、ジェネリック品が薬局や通販で購入できます。抗ウイルス剤あるいは抗ヘルペスウイルス外用薬として、口唇ヘルペスなどの単純疱疹の治療に用いられます。

ウイルス感染細胞内で活性化する特徴を持ち、ウイルスDNAの鎖が伸びたり複製したりすることを阻害します。この作用はヘルペスと同じようにヘルペスウイルスを病原とする症状の治療にも有効であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの他、単純疱疹・水疱・帯状疱疹などを治す目的でもゾビラックスを用いることがよくあります。

使用の際は、1日数回ほど患部に塗布することになります。処方された時には他の薬剤と同じように、できるだけ早期に使用を始め、早めに使い切るようにしてください。しかし塗布する量は多くなり過ぎず、適量を心がけましょう。適量が分からない時は医師や薬剤師に相談してください。適量は症状により異なる場合もありますので、とりあえず聞いた方が無難でしょう。また、ゾビラックスをしばらく使用し続けても症状が良くならない時も医師に相談してください。

ゾビラックスを使用する上での注意点は、避妊用ラテックスゴム製品(コンドーム)に劣化や破損を生じさせる可能性があることです。同じゾビラックスでも製品がいくつかあり、その中の一部でそのような現象が起きる可能性があると言われています。性器ヘルペスにゾビラックスを使用する際は避妊具用ラテックスゴム製品との接触を避け、それを必要とする行為を裂けるべきだと言えます。

薬剤で心配になるのは副作用ですが、ゾビラックスは塗り薬なので副作用は滅多に現れません。現れるとすれば、刺激感・かゆみ・発疹といった皮膚症状のみです。ゾビラックスを使用することで患部の赤みが強くなったり、かゆみや軽い痛みなどの刺激感が出た時には、早めにゾビラックスを処方してくれた医師のもとで受診してください。

副作用が出た時には、医師は考慮して別の薬剤や治療法を考えてくれます。副作用が出る薬剤は使い続けても快方に向かわず、むしろ逆効果となります。意識し過ぎると神経的に副作用とは違うけどよく似た症状が出やすくなることもあるため、ゾビラックスのような重篤な副作用が出ない薬剤の場合はまず気兼ねなく使ってみましょう。